研究会について
活動
リンク
日本機械学会マイクロ・ナノ工学部門に登録をお願いします.
  NEWS
●(2015年5月7日) 電気学会センサ・マイクロマシン部門,バイオ・マイクロシステム研究会のタイムスケジュールが決定しました.詳細はこちら.
●(2015年5月7日) 第90回日本医療機器学会大会にて講演を行います.(5月28日(木),パシフィコ横浜)
詳細はこちら
●(2015年3月23日) 電気学会センサ・マイクロマシン部門,バイオ・マイクロシステム研究会を5月29日(金)に中央大学理工学部において開催します.論文公募締め切りは4月2日,原稿締め切りは5月8日を予定しています.論文提出は,.電気学会の講演申し込みシステム(こちら)からお願いします.多数のご発表をお待ちしております.
●(2015年3月19日) 第3回運営委員会ならびに,ミシガン大学の倉林先生をお招きしたシンポジウムを3月19日(木)に京都大学において開催しました.最新の研究成果から,留学や,研究費についてなど,幅広いお話を伺うことができました.案内はこちら.
●(2015年2月18日) 日本機械学会マイクロ・ナノ医療デバイスに関する研究会,ならびに日本電気学会マイクロ・ナノ医療デバイス調査専門委員会のHPが立ち上がりました.皆様に有益な情報を発信できるよう随時更新していきます.
●(2015年1月9日) 知の協奏を目指すソフトおよびナノマテリアル研究会主催の「第四回次世代の物質科学・ナノサイエンスを探る」(1月9日(金)北海道大学)を共催しました.詳細プログラムはこちら.
●(2014年11月8日) 日本コンピュータ外科学会(11月8日(土),9日(日)大阪大学)内で,日本医工ものづくりコモンズと主催で,「マイクロナノ医療機器の発展」をテーマに,シンポジウムを開催しました.医工連携研究,医療におけるニーズに関するご講演の後,パネルディスカッションを開催しました.詳細プログラムはこちら.
●(2014年10月22日) 第6回マイクロ・ナノ工学シンポジウム(10月20日(月)~22日(水),松江くにびきメッセ)にいて,OS2「マイクロ・ナノ医療デバイス」を企画し,20件以上の発表がありました.プログラムはこちら 次回の第7回マイクロ・ナノ工学シンポジウム(2015年10月28日(水)~30日(金),新潟朱鷺メッセ)におきましても同様のOSを企画予定です.是非皆様ご投稿ください.
●(2014年9月9日) 機械学会年次大会においてWSが開催されました.材料からデバイス,医療現場におけるニーズ,ビジネスから薬事申請まで,マイクロ・ナノ医療デバイスの実用化に向けて不可欠な異なるアスペクトのそれぞれについて,講師の先生方に講演していただきました.詳細プログラムはこちら.
●(2014年6月27日) 機械学会マイクロ・ナノ工学部門への登録をお願いします!マイクロ・ナノ工学部門は来年度に審査があり,そこで正式な部門になれるかどうかが決まります.現在,一番危惧されているのは会員数です.機械学会員の皆様は是非,マイクロ・ナノ工学部門を高い順位で所属部門としていただきたく,またもし機械学会にご入会でない方は,この機会に是非よろしくお願いいたします!
●(2014年6月27日) 第6回マイクロ・ナノ工学シンポジウム(10月20日~22日)の締め切りが6月30日(月) です.今回は,OS2「マイクロ・ナノ医療デバイス」を企画しておりますので, 是非皆様ご投稿ください.第6回マイクロ・ナノ工学シンポジウムのHPはこちら
●(2014年5月16日) 第1回運営委員会、キックオフシンポジウムを開催しました。多くの参加者を迎え,今後の方針について活発な議論が交わされました.詳細なプログラムはこちら.
●(2014年4月) 日本機械学会マイクロ・ナノ工学部門から,マイクロ・ナノ医療デバイスに関する研究会が発足しました。